HOME > ブログ > 藤原店長&藤原部長のベルギー探訪記
大阪の結婚指輪・婚約指輪スタッフブログ

はじめに 藤原店長&藤原部長のベルギー探訪記

みなさんこんにちは。
garden梅田の藤原です。

今回、世界のダイヤモンド産業の中心地にあるAWDC(Antwerp World Diamond Centre)を訪問するため、ベルギーのアントワープに行ってきました。

はじめに、アントワープとダイヤモンドの歴史についてご紹介します。
ベルギーにあるアントワープは、オランダのロッテルダムに次ぐヨーロッパ内第2位の貿易都市とされ、運河も多く存在します。
また、日本でも馴染みのあるフランダースの犬の舞台となった土地としても有名です。

アントワープの産業を支えるのがダイヤモンド。
570年も前からダイヤモンド産業に着手し、今では年間480億円の市場を確立。ベルギーの輸出物の15%がダイヤモンドというほどのシェアを持つ一大産業です。
世界各国で採取されたダイヤモンドの原石の84%をアントワープに集め、職人の手でカットされ各国に輸出していることもあり、ダイヤモンドカッターとして名を馳せる職人たちのほとんどがアントワープ出身者というほど。

今回訪れたAWDCは、1975年の設立以来、アントワープのダイヤモンドの物流を管理・コントロールしている唯一無二の機関。
アントワープでダイヤモンドを取引するにはAWDCの厳しい審査を受けることが必要で、その厳しさを守ることで、世界中から絶大な信頼をおかれるクオリティのダイヤモンドを提供しています。
また、マネーロンダリングなどによる不正をもシャットアウトするべく、17人のエキスパートを配置するなど、品質担保に対する施策を多く持つことでも有名なAWDC。
そんなAWDCに部長とともに訪れました。

1 / 612345...LAST
ご来店予約大阪でプロポーズをご検討の方

運営会社について

閉じる