HOME > 用語集

立て爪で1粒ダイヤがついた婚約指輪

鑑定士が石の種類や天然か人造かを鑑定した物。※品質について保証する物ではない。

ダイヤモンドのグレード(品質)を評価し記載されたもの。ダイヤモンドにしかつかない。

指輪の内側が丸みを帯びていて、指なじみ着け心地が良い。

挙式の指輪交換の際に指輪を置くクッションの様なもの。二人の指輪を結びつけるリボンには『絆を結ぶ』『結婚を約束する』と意味がある。

挙式後、花嫁が未婚女性をゲストに向けてブーケを投げる事。幸せのお裾分け、幸せのバトンタッチと願いも込められている。

ダイヤモンドが全周に入っているリングの事。Eternity『永遠』の意味がある。

結婚して10周年目の事で、ダイヤモンドやリングを女性に贈る事が多くなっている。

ウェディングとは古い英語で、「抵当に入れる」「約束する」の意からきた「結婚する」という意味の動詞「Wed」の名詞形。

色打掛とは婚礼衣装で、色地に金や赤などの華やかな刺繍などを施した白以外の打掛の事。

大阪の結婚指輪・婚約指輪garden 用語集
1 / 1112345...LAST
ご来店予約大阪でプロポーズをご検討の方
閉じる