HOME > ブログ > 2017年 > 6月

皆様、こんにちは。
garden心斎橋店の田原と申します(^^)/

今回、gardenでも人気の高いドイツブランドFISCHER(フィッシャー)の工場を見学するために、ドイツへ行ってまいりました!!

個人的に大好きなFISCHER。
この研修を通してFISCHERの魅力を多くのカップル様にお伝えできればと思います。

はじめに

FISCHERについて簡単にご説明させて頂きます。

大阪の結婚指輪・婚約指輪ブランドFISCHER

日本からおよそ1万キロ離れたドイツの小都市フォルツハイム。
その地のゴールドマイスターが伝統の鍛造という技法を使い二人の為に一から創り出すブライダルリングです。
フィッシャー社は1919年創業のもう少しで100年続くファミリー会社です。
4代目の現社長ヴォルフガング・フィッシャーは積極的に海外に進出し、現在日本でもFISCHERが展開されるようになりました。

ドイツへは成田空港からの直行便で向かいます。
朝が早いので、前日の仕事終わりに新幹線で関東に向かいました。
(これが中々ハードだったのですがドイツへのワクワクの方が勝ってました♪)
早速、今回ドイツの旅をご招待頂いた日本の代理店のO社長と、
私と同じく広島でFISCHERの販売をしていらっしゃるIさんと合流致しました。
旅の仲間の完成です♪

ちなみに私はこれから12時間の飛行機の旅に備えてすっぴん&マスクという女子力が低い装いでした、、、(女子力高くなりたいです。笑)
準備万端!!!いざ出発!!というさなか、朝から第1ハプニングです。

成田空港行の特急が、総武線の事故の影響により大幅遅延!!
余裕を持っていたので大丈夫でしたが、旅にハプニングはつきものですね。

成田空港ではO社長おすすめのJALラウンジで
JAL限定のカレーを堪能(*’ω’*)

JAL限定のカレー
JALラウンジで

朝カレーで元気をつけて最後の日本での料理を楽しみ、
12時間の飛行機の旅です。
4時間以上飛行機を乗ったことなかったのですが、
U字マクラ、アイマスク、マスク、メディキュット用意は万全でした♪
映画はズートピア、64前後半、インディペンデンスディ、チャーリーズエンジェル、をたっぷり見ました♪(つまり12時間一切寝ず。笑)
飛行機の楽しみといえば、機内食!!もありますよね(*´▽`*)

機内食1
機内食2
機内食3

食レポ日記になりそうな予感です♪笑
この他デザートにハーゲンダッツのアイスがきたり、吉野家の牛丼が夕食だったりと豪華でお腹がいっぱいになる航空旅でした(*^_^*)

さてさて、ドイツと日本の時差は約-7時間。
大阪からの約17時間の移動を経てドイツ到着です\(^o^)/

大阪からの約17時間の移動を経てドイツ到着

フランクフルト空港に到着したのは現地時間17時ごろ(日本時間24時です。)
天候は曇り。この時期のドイツは晴れ間が少なく、ほとんど雨か曇りだそうです。
空港で今回の旅で案内して下さる、日本在住のドイツ人Nさんと合流!
旅の仲間は4人になりました(*’ω’*)

さっそくドイツのアウトバーン(高速道路)で、
今回の目的地ドイツの宝飾の街、フォルツハイムに向かいます!

※ドイツの豆知識
ドイツといえば、【車】ですよね。
ドイツは高速代金の支払いがなく、全ての車がフリー料金です。
ベンツやアウディ、ポルシェにワーゲンがざらに走ってます。
10車線の高速があったり、、、、一番の衝撃は時速制限がなく無制限なところ!!
140~160キロ出した車が走っております(;’∀’)

事故が多そうですが、フリー料金なので料金所も無く、高速道路建設時に航空路にも出来るように、勾配4%以下でカーブが無いほぼ直線道路で、道路環境が整ってるので事故が特に多いとかは無いみたいです。

ちなみにドイツの消費税は19.9%らしいです!
20%にはしませんという政府の方針がぎりぎり残ってるみたいですね。笑

ドイツ人のNさんとの同行旅なので、ドイツについて詳しく知れそうです(*’ω’*)

フォルツハイムは南ドイツにあり、「黒い森」を意味するシュヴァルツヴァルトの端にあることから、「シュヴァルツヴァルトの門」ともよばれております。
ドイツでは宝飾品、黄金の街ともよばれております。

ドイツ研修1日目は、フォルツハイムの街にあるパークホテルに19時頃につき、チェックイン♪
ホテルのフロントには、リンゴが並べられていて、他の観光客の方などはその場でかじっていました(外国っぽい!!とはしゃいでた私でした。笑)

夕食前にホテルのバーで念願のドイツビール!!!!!!!!

ドイツビール
ブンデスリーグが放送

バーには大きいTVも有り、そこではブンデスリーグが放送されており、皆様それに夢中でした。
(まさかこのバーに3日間お世話になるとは思ってなかったです。笑)
ドイツのビールは地域ごとに種類があるようで、1杯目のビールは甘かったです。

夕食は機内食でお腹いっぱいだったため、特別に1つのセットをシェアさせて頂きました。

特別に1つのセットをシェア
デザートは別腹が女の子の特権

大きさは分かりにくいですが、これは1人前の半分のサラダです。パンは1人1バケットついてきます。デザートは別腹が女の子の特権です。笑

※ドイツ豆知識
基本的にドイツのお店やレストランには、分けて食べたりする文化はなく1人1つのセットやコースを注文するのが普通です。
パンが必ずついてきます。お水は有料で炭酸有り、無しかは伝えないといけません。
量がかなりボリューミーなので食べきれません。笑
まだ22時頃なのですが、時差や移動疲れでかなり眠たかったので、この日はお風呂にお湯をためて半身浴をして疲れをとりながら就寝しました(´―`)

ホテルの部屋はとても綺麗でした。

お湯をためて半身浴
広いベッドで明日の研修に備えて早めに就寝
ホテルの部屋はとても綺麗でした。

バスタブがあったのは助かりました♪
広いベッドで明日の研修に備えて早めに就寝です(^^)ZZZ

2日目朝です。
7時起きの予定が4時に起きてしまい寝れませんでした。
これが時差ボケといわれるものなのでしょうか。笑
ホテルの朝食に向かいます。

ホテルの朝食に向かいます
ホテルの朝食
ハムやチーズ、グラノーラ
ヨーグルトの種類が豊富です

ハムやチーズ、グラノーラ、ジャム、ヨーグルトの種類が豊富です。

テラスが見える優雅な席でした
ついつい取りすぎてしまうパターン

ついつい取りすぎてしまうパターンです。テラスが見える優雅な席でした。

さて、旅の本番のFISCHER社です!

旅の本番のFISCHER

大興奮です(*’▽’)
そして日本から私たちが行かせて頂くということで、日本の国旗が!(写真わかりづらいです)
緊張しながら訪問いたしました!
ヴォルフガング社長と硬く握手!!
息子さまのコンスタンティンとは初対面でした(*^_^*)
ヴォルフガング社長とは実は日本にお越し下さった際にお会いさせて頂いてました。
記念に撮影させて頂きました。

ヴォルフガング社長

さっそく工場に案内して頂きました。

こちらFISCHERのフロントです

こちらFISCHERのフロントです。
こちらに全世界1200店舗からのオーダーがきます(*^-^*)世界への発送などもこちらで行います。
皆様チャーミングで素敵な方ばかりでした。

製造過程について

※工場内では沢山撮影させていただきましたが、ネットへの掲載NGも多いのでgarden店頭で写真はご案内させて頂きます。

①カルテの作成

カルテの作成

オーダーを元に、お一人お一人の製作カルテを作るところから始まります。

②素材

地金は全て自社にて独自の調合と合金技術によって生み出されます

FISCHERの地金は全て自社にて独自の調合と合金技術によって生み出されます。

③鍛造Ⅰ

鍛造

200トン以上のプレス機にて地金を何度も圧縮し、極めて密度の高く、強度のある地金にしていきます。

④鍛造Ⅱ

強度と密度の高い地金を60トンの特別なプレス機でリング状に

強度と密度の高い地金を60トンの特別なプレス機でリング状に抜いていきます

⑤リングの成形

リングの成形

熟練技術を持ったマイスターの手によってさらにリング状に成形されていきます。

⑥真空圧着

真空圧着

異なった素材の地金を真空状態の中で、高圧力・高熱にて、圧着させ一体化させます。

⑦削り出し

削り出し

成形されたリングをさらにマシーンで削り出し、整えます。

⑧ダイヤセッティング

ダイヤセッティング

マイスターが熟練の技法を用いて、丁寧にダイヤを埋め込んでいきます。

⑨レーザー刻印

レーザー刻印

フィッシャー社の信頼の証が刻印され、最新型のレーザー機でお二人の愛の証を刻みます。

すごく完結な説明ですが、もっともっと語り足りないことが沢山です!!!!笑
画像の掲載が出来ないので、是非garden店頭で説明させて下さい!!!笑

工場見学後は、別室で社長とコンスタンティンとランチさせて頂きました。

ドイツのハムの種類の多さはすごいですね

そうなんです!!!とってもボリューミー!!!!笑
ドイツのハムの種類の多さはすごいですね(=゚ω゚)ノ
そしてパンも日本と違ってフワフワはしてなくてずっしり!!!!
(きっとパンも鍛造です笑)

お腹いっぱいでもう動けない、、、食べれない、、、、、
ってなった後に、もっとボリューミーなアップルパイ、カスタードパイが出てきました(´―`)笑
コンスタンティンはサンドイッチもデザートパイも沢山食べてました(´―`)

さて本題です!!!!
この日は工場長のお話だったり、社長に直接お話が聞けるまたとないチャンス!!
沢山の疑問に答えて頂きました!!!

Q.ドイツでの一般的な刻印は?

日付けと名前。
これは日本と同じようです。ちなみに面白い刻印集を見せて頂いたりしました。通訳のNさんは終始笑いっぱなしなのに、和訳にするのが難しいようで私たちは気になって仕方がありませんでした。笑

Q.ドイツで人気なマリッジリングは?

ドイツの平均幅は4~6mm。
K14が主流でマットはヘアラインでアイスマットも人気。
日本では2~3mmが平均なので約倍の太さですね。幅も太いのでK14が主流というのも納得ですね。ちなみに平均単価20万前後というのも日本と同じでした。
マットはヘアラインが主流なのは同じでした。

Q.1日何本ぐらい作成しているのか?

多いときで250本!
ドイツは夏の挙式が多いらしいです。なのでその少し前が一番忙しいみたいです。
日本とは違い、週末1日中だったり、2日間かけて結婚式パーティをしたりするそうです。そしてそれがほとんど外、gardenウェディングなので温かくて晴れることが多い、夏にするそうです。冬のドイツはとっても寒いので納得ですね。

※ドイツの豆知識
ドイツは週末は全てのお店が閉まります。
基本的に全てのお仕事がお休みになります。(警察や病院は別)
1年に3度だけ、街によって週末にお店が開ける日が決まっているそうで、それは街によって日程がバラバラみたいです。
週末の買い物はなので空いている街のお店に行くみたいです。

~社長とのお話で感じたこと~
FISCHERの心掛け
マーケティング、ブランディングを大切にしていきたいそうです。
FISCHERは毎年、最新の機械に入れ替えている。
良い物を作るために投資を怠らない。マイスターは良い物を作りたいというプライドがある。
新作リング等は社長も話し合いに参加。工場長、デザイナー、各国の方の話も聞き入れながら提案。
このお話を伺ってFISCHERはとまらない、進化していくブランドだと実感致しました。

FISCHERのシェア率は70%がドイツ国内。
10~20%ヨーロッパ。日本のリングは全体の5%。

FISCHERは製品の品質管理もしっかりしていると感じました。
ダイヤモンド管理は、信頼ある同じ取引先のものしか扱わない。
(コンフィデンスダイヤモンンドを守るため)
1つ1つ1丁寧に検品も怠らない。

地金の管理は、2度チェックして割合があわない場合は溶かしてやり直す。

また、無駄が少ないのはドイツの特徴だと感じました。
FISCHERの工場でびっくりしたことは、とても綺麗なことです!!!!
地金の切削やプレスで出るゴミは針金のような形状で出てくるので、日本やそのほかの工場と違って粉状ではないので、床がキレイ!!!
(ちなみに針金となって出てきた地金はもう一度使えるのです。)

針金となって出てきた地金はもう一度使えるのです
地金の切削やプレスで出るゴミは針金のような形状

ちなみにドイツの水はペットボトルではなく、瓶が多いのも、洗浄して使えるようにするためです。リサイクルがしっかりしている国ですね。
【マイスター制度について】
ドイツの物づくりではずせないのがマイスター制度です。
私自身マイスター制度をわかってはいたつもりでしたが、今回社長より直接お話を聞くことができました。
まず、マイスター制度とはドイツ語圏の高等職業能力資格認定制度である。

指輪作りのマイスターになるには、、、
①ジュエリーの専門学校に4年通う。
②ジュエリー製作会社に4年働く。そして通いながら週一で学校にも通う。
③マイスターになるプログラムを行う。これが1~2年。
④マイスターテスト【一生に2回までしか受けれない】
⑤マイスター

ざっとお話を聞くとマイスターになるためには最低9~10年かかるということですね。
日本には全くない制度です。
ドイツが医療や物づくり等で発展しているのも納得な制度ですね。

ちなみにフィッシャー社で働く方たちは、
製造の過程や石留は男性が多くて、仕上げや表面加工は女性が多かったです。
女性の方が器用で細かい方が多いからでしょうか。

指輪作りのマイスター=男性

というイメージでしたが、最近では女性の挑戦も多いようです。

また、各国と違って日本は検品が厳しいみたいで、日本へのリングは他の国より厳しい目でチェックしているそうです。笑
これからもしっかり検品していこうと思いました(*’ω’*)

日本へのリングは他の国より厳しい目でチェック

朝10時に訪問させて頂いて、気づけば16時ぐらいまで、お話を聞いておりました。
最後はお土産まで頂きました(*^▽^*)
沢山のお時間を頂き本当に感謝です。
今回の経験を、店頭でもお客様にお伝え出来るように頑張ります!

研修後はホテルの周辺、フォルツハイムのスーパーへ★
スーパーは私のごり押しで、海外の地元のスーパーの食材やお菓子が見てみたかったからです♪お土産もゲットできますしね♪
街の雑貨屋さんなどはクリスマスムードがもうすでにありました(^^)

街の雑貨屋さんなどはクリスマスムード
ドイツらしい町並みがかわいいです♪

ドイツらしい町並みがかわいいです♪

これは本物のジェラートではないです。笑
大阪結婚指輪・婚約指輪

これは本物のジェラートではないです。笑

金箔いりの白ワイン
ZARA

散策のあとはホテルのディナーです(/・ω・)/
歩き回ってやーっとお腹も減ってきました♪

とても分厚いローストビーフ

とても分厚いローストビーフです(*’ω’*)
焼き方をミディアムにしたのですが、ドイツはミディアムでも少し焼きすぎな感じがしました!笑
昨日とは違うビールで2日目のお疲れ会を致しました♪

※ドイツ豆知識
ドイツはドリンクの量が規定で決まっていて、全てのコップにメモリが付いております。
500ml、350mlだったりそのメモリまでドリンクを入れてくれます。

ディナーのあとは、またまたホテルのバーで
マリオお手製のモヒートを飲みました(*^▽^*)
マリオはとってもフランク!!実はイタリア人なのだとか。
ブラックシュガーを砕いていれたりと、独特な作り方です。

マリオお手製のモヒート
ブラックシュガーを砕いていれたり

、、、、、実はミントが苦手な私。笑
飲めませんでした。笑

この日も安定に22時には強烈な眠気がやってきます。
本日の勉強内容をしっかりとまとめて、二日目も早めに就寝です。
(安定に朝4時に起きて眠れません。笑 体内時計すごいですね。)

ドイツ3日目です。
起きてすぐ思ったこと。めちゃめちゃ寒い!!!
気温が8度でした。
毎度素敵な朝食を沢山食べて

毎度素敵な朝食を沢山食べて

ちなみに3日目はパンケーキ♪
(チーズは沢山あるのですが、やっぱりクリームチーズとモッッツァレラが食べやすくおいしいです)

3日目もNさんの運転で出発です♪

ここでまたまた、

※ドイツの豆知識
ドイツはリアルRPGみたいで、まず街は教会を中心に作られています。
街が隣接しているのは珍しく、
街があり、森があり、街があり、森があり、、、、、
ドラクエの世界みたいなのです!!!
(このセリフ、ドイツで10回は言いました。笑)

フォルツハイムから約2時間。
ついた先はドイツの伝統ある歴史ある街テゥービーゲン(^^)

ついた先はドイツの伝統ある歴史ある街テゥービーゲン
フォルツハイムから約2時間

どこの風景を撮影しても絵葉書のようでした(*´▽`*)

2時には閉まってしまうマーケット
ドイツの市場

2時には閉まってしまうマーケット(市場)

教会から響く鐘
この街は路上で歌ってたりや楽器を弾いていたり

教会から響く鐘。パイプオルガン。
癒されました♪
この街は路上で歌ってたりや楽器を弾いていたりする方が多かったです。

お昼はドイツ料理を頂きました

お昼はドイツ料理を頂きました(*^▽^*)
パンとサラダ、メイン、ビール。ビールはまたまた地元産を頂きました。
日本のビールの味と一番近い味でした!(苦め)

その後、『ホーエンツォレルン城』へ

ホーエンツォレルン城

遠くからの光景がだんだんと近づくにつれて興奮♪
途中、車を駐車場に停めバスでお城に向かいます。

ガイドは全てドイツ語
中世の歴史、このお城の歴史

すごい迫力!!!!の一言です。
お城の案内ガイドさんと他の観光の方と一緒にお城野中へ♪
ガイドは全てドイツ語だったので、Nさんの通訳を頼りに。笑
中世の歴史、このお城の歴史などを伺うことが出来ました。

ちなみに城内は撮影禁止で、靴の上からスリッパをはきます。
宝物庫には鎧や剣、王冠などがありました。
お城からの眺めはこちら(^^)

お城からの眺め

お化けではなくNさんが真ん中にいます。笑

少し紅葉も有り、とても素敵でした
最後は離れゆくお城を背に撮影

少し紅葉も有り、とても素敵でした♪
(ちなみに激寒でした)
最後は離れゆくお城を背に撮影(*´▽`*)

寒い中ジャンプ写真
ご協力に感謝です

寒い中ジャンプ写真を頑張った私たち。
ご協力に感謝です(*ノωノ)

食レポ再開です(*^▽^*)
この日の夕食はフォルツハイムのフィッシャーさんおすすめのレストランへ★

ずっとお肉だったので、今回はトリュフのクリームパスタです!!!

回はトリュフのクリームパスタ

香りが最高です(^^)
ちなみにビールではなく、カンパリオレンジを頼んだのですが、これまたすごく濃い!
氷で薄めても濃いままでした。(笑)日本のお酒の薄さがわかった気がします。

こちらは手作りのデザート。パンナコッタ。

こちらは手作りのデザート。パンナコッタ。
これがもうおいしすぎました(*^▽^*)!!!!!
こうして食べたいものがオーダーできるのも、全てNさんと一緒だからですね(^^)
 

この日もホテルに帰り、バーでマリオにホットカフェオレを作ってもらいました。

バーでマリオにホットカフェオレ

お酒以外も大丈夫なマリオです。
安定の22時くらいに眠くなり、最後の夜ですが就寝です。

4日目の朝です。帰る日です。
やっと7時まで寝れました。慣れた頃に帰るという、またまた時差ボケが続きます。

贅沢な朝ごはん

贅沢な朝ごはんも最後です。。。
最終日は目玉焼き!
ちなみにコックさんに卵料理をオーダーできます。
ゆで卵、スクランブルエッグ、目玉焼き、オーダーのオムレツ
オムレツはみんな食べてておいしそうでした。
目玉焼きは醤油派なので、醤油がとても恋しくなりました。

安定のヨーグルトも何種類か食べて、チェックアウトしました。

お世話になりました。(^^)
フランクフルト空港に立ち寄る前に。寄って頂いたのは

観光名所、ローテンブルク

観光名所、ローテンブルク!!
町並みがドイツらしく、観光客も多いのだとか。
そういえば、ドイツではほぼアジア人を見かけなかったのですが、ここでは日本人もちらほら。
ですが、かなりガラガラなローテンブルク。
この日、大雨、激寒だったのです。

ローテンブルク
レストランですぐに休憩

かわいいレストランですぐに休憩しました。笑

次に聖ヤコブ教会。

聖ヤコブ教会
聖ヤコブ教会 高い天井まで続くステンドグラス

高い天井まで続くステンドグラスと手掘りの最後の晩餐がすごかったです。

町並みが本当にメルヘン
テディベアが3万くらいするお店も発見

町並みが本当にメルヘン♪
テディベアが3万くらいするお店も発見。笑
町並みは石畳が続いてます。

ベア
ドイツの街並み
ドイツの街並み2
ドイツの街並み3

飛行機の時間があったため、あまり周れなかったですが最終日に素敵な場所に
連れていいって頂けて良かったです(/・ω・)/

この日はそのままフランクフルト空港に向かい、
旅の仲間解散です(;_:)
この度に招待して頂いたOさん。
通訳、運転をして下さったNさん。
とお別れしてドイツを後にします。

※ドイツ豆知識
ドイツのトイレはお金がかかる所がある
帰りの飛行機は機内泊。Iさんと共に爆睡モードです。笑
私は機内食のみしか起きていませんでした。笑

機内食
JAL機内食

今回のドイツ便はJALが主体なのでサービスも日本語が多く安心だし、食事もとっても美味しかったです♪

日本に戻り成田から大阪に向けての旅も始まりました。
Iさんともここでお別れです。Iさんと一緒だったからこそ不安もなく、楽しい旅になりました(^^)これからも宝石業界を一緒に盛り上げていきたいですね(*’ω’*)
この時点ですでにぐったりです。笑
フォルツハイムから大阪への約20時間の移動も終わりです。

今後、この研修旅で学んだことを、garden店頭でしっかりお伝えできればと思います。

研修旅

プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
閉じる